モテる女になる方法(6) すぐに使えるモテ言葉


いつもの酔っ払いのおっちゃんがクダをまいたよーなワタシのトークは抜きにして、
今回はすぐに使えるモテ言葉を、対象別に挙げてみることにしましょうか。


いつも夜遅くまで頑張って仕事をしている男性には

「遅くまで本当にお疲れ様です^^ お体大丈夫ですか?いつも遅くまで仕事してらっしゃるから心配です…」

【解説】
ワーカホリックでバリバリな彼は、自分自身でも「オレ、体大丈夫か…?」と実は不安になっていたりします。
そんなときに、さりげなく気遣ってくれると嬉しいものです。
彼氏や旦那さまも同じことが言えます。何年経っても、いたわりの心は忘れずにいましょうね。

なんか知らんけど落ち込んでる男性には

(そっと差し入れを置いて)「…あまり無理しないでね?」

【解説】
なぜ落ち込んでいるのかは不明ですが、間違っても「どしたん!!フラレたんか?!」などと聞いてはいけません。
自分から話さないものを、あれこれ聞くのはタブーです。自分から話出したときは聞いてあげましょう。

おもしろトークが自慢の彼には
(涙を流して大笑いしたあと)「○○君て本当に面白いね!私、そういうの大好き〜!!」

ガチガチの理系の彼には
「○○君て本当にすごいね!やっぱり賢いなぁ〜、すごいなぁ〜」(と、感心しまくる)

同じくガチガチの高学歴の彼には
「○○君て本当にすごいね!やっぱり賢いなぁ〜、すごいなぁ〜」(と、感心しまくる)

男性が自分語りをしているときには
「うんうん、え〜ホントッ?!すごーい!」

【解説】
男性が自分を語るとき、、、それは、自己アピール。
それを話すことで、皆を楽しませるとともに、それ以上に自分を楽しませておるのです、たぶん。
(決めつけはいけません。が、傾向としてそうだと思う…)

しかしそこで間違っても「えー、そんなの普通じゃん」「だから?」「どっからその自信でてくるわけ?」などと否定してはいけません。
自己アピールを否定された彼は、傷ついて落ち込んでしまいます。重傷の場合は連絡が途絶えたりします。
そしてその噂は広まり、「あいつはタカビシャでキツくてジコチューなやつだ」というレッテルを貼られてしまうのです。
どんな男性の話にもやさしく耳を傾け、褒めどころはしっかりと褒めましょう。

男が泣いてるときには

「よしよし」 ※マジで。

【解説】
昔と違って、最近は男性もよく泣く。ような…?
泣くとまではいかないでも、泣きそうなほど悲しそーにしている男性を一度は見たことがあるのではないかと思います。

それが彼氏や旦那さまなどの親しい人であれば、抱きしめて「よしよし」。
友達以上恋人未満の人には、髪をなでなで「よしよし」。
友達以下の人には、手や膝をぽんぽんたたいて「よしよし」?うーん…、この場合はやめた方が良さそうです。


他にもあると思いますが、基本は「やさしく」「思いやりをもって」です。
早速実践してみてくださいね。

▼モテる女になる方法 シリーズ(7)
すぐになれる!華がある女

スポンサードリンク
 

inserted by FC2 system