図解付きメイク方法(9) 目を大きくするメイク方法

相手をビビらせる為にも、ハッタリかます為にも、誘惑する為にもやっぱり目ヂカラは大事です。
というわけで、今回はワタシ自ら実験台となって、目を大きくするメイク方法をご紹介します。

ノーメイクのワタシ簡略図
簡略図でいうと、今はこういう状態。
では目を大きくするメイクを始めましょう。

1. アイラインをひく
アイラインをひいたワタシ簡略図
上まぶたのキワにアイラインを引きましょう。
ワタシが使用したのは、リキッドタイプの黒のアイライナー。 目尻より5〜7mm程度長めに引きます。
ラインの最後を上向きに流すと、ややつり目あるいは猫目風になります。

2. アイラインを下まぶたにもひく
アイラインを下まぶたにもひいたワタシ簡略図
下まぶたにもアイラインを引きましょう。
ここにリキッドタイプでラインを描くと、古代エジプトマニアと思われかねないので、ペンシルタイプで薄くひくと良いでしょう。
下まぶたの場合は、ラインを長めにひく必要はありません。目の輪郭を取る感じで。

3. アイシャドウを入れる
アイシャドウを入れたワタシ簡略図
図の茶色の範囲にアイシャドウを入れ、ブラシでぼかして下さい。
色は濃色の方が、より目が強調されます。ワタシがよく使うのはダークブラウン。
但し茶系・黒系は顔が暗く見えるというデメリットもありますので、ブラウンゴールドあたりが無難ではないでしょうか。
なお、ワタシはここで再度上まぶたにアイライナーをひくことがあります。

4. ハイライトを入れる
ハイライトを入れたワタシ簡略図
下まぶたのキワにハイライトを入れましょう。
図では青になってますが、実際は白を使用して下さい。

5. マスカラをぬる
ビューラーで まつげを立ち上げる前に、マスカラをぬりましょう。 ワタシは黒色を使用。
上まつげは、まつげを挟んで上からと下から塗りましょう。塗り方はキレイに塗れりゃなんでもいいです。
それから下まつげにもマスカラを塗りましょう。
下まつげが少ない人は、 マスカラのブラシを縦にして、一本一本を撫でる感じで塗ると上手く塗れます。
うっかり肌につけないよう注意。

6. ビューラーでまつげを立ち上げる&マスカラ2度目
マスカラが乾いたら、ビューラーを使ってまつげを立ち上げましょう。
根元から立ち上げるとよりよいですが、力を入れすぎて、まつげを抜いてしまわないよう注意です。
その後、上まつ毛の下から、さらに立ち上げるよーにマスカラを2度塗りします。

以上で終了。
というわけで、ビフォーアフター。

before Before      after After

ちなみにAfterは別に上を向いてるわけではなく、まつげが上にひっぱられているのです。

どうですか?あんまり変わってないですかね?
そんな方はつけまつげに挑戦してみて下さい。


inserted by FC2 system