図解付きメイク方法(1) ファンデーションのぬり方

電車の中で観察していますと、顔と首の色が違っている方が結構いらっしゃいます。
この原因はファンデーションの色が合っていないか、ぬり方がマズイかのどちらかです。

ファンデーションの色を合わせるためには、ファンデーションを手の甲に伸ばして色味をみてみると良いでしょう。
さらに合った色を探すには、化粧品売り場のお姉さんに相談してみましょう。(ただし購入覚悟で)

さて次にファンデーションのぬり方ですが、これはパウダーとリキッドによって多少変わります。

パウダリーファンデーションの場合

パウダリーファンデーションは 粉状のファンデーションで、薄付きなので初心者の方に使いやすいファンデーションです。

1. ファンデーションを適量とる
ファンデーション
まー適量といっても、パウダーなので自然と限られますが。
力を入れてえぐり取ると粉々に砕けてしまうので注意しましょう。

2. ファンデーションをぬる
ファンデーションのぬり方
顔の中心から外側に向かってぬります。できるだけのば〜してのば〜すと良いでしょう。
目の下は時間が経つとファンデがヨレてシワに入り込みえらいことになりますので、厚塗りしないよう気をつけて。
またデコ+鼻のTゾーンも薄めが良いでしょう。
アゴ付近は可能な限り伸ばすと、首との差がわかりにくくなります。

乾燥していると粉をふいた様になったり、ファンデののりが悪くなりますので、普段からスキンケアに気をつけましょう。
また、ベースをきれいにぬれば仕上がりもキレイになります。

リキッドファンデーションの場合

リキッドファンデーションは 液状のファンデーションです。
結構ガッツリぬれてしまうので分量に注意が必要です。
また、パウダーとリキッドの間を取ったような水分量の多い固形ファンデもあります。
使いやすくて仕上がりがキレイなのでおすすめ。

1. ファンデーションを適量とる
さくらんぼ小程度
少ないように見えますがこれくらいで十分です。
これを伸ばして伸ばして伸ばしまくります。
すると濃くもなく薄くもなく丁度いい感じになります。

2. ファンデーションをぬる
ファンデーションのぬり方
パウダーと同じ。
顔の中心から外側に向かってぬります。 できるだけのば〜してのば〜すと良いでしょう。
目の下は時間が経つとファンデがヨレてシワに入り込みえらいことになりますので、厚塗りしないよう気をつけて。
またデコ+鼻のTゾーンも薄めが良いでしょう。
アゴ付近は可能な限り伸ばすと、首との差がわかりにくくなります。


inserted by FC2 system